理想に違い小顔を手に入れよう|ボトックス注射がイチオシ

プチ整形を受ける前に

注射

よく確認して施術しよう

ボツリヌス菌から抽出した成分を使った注射による整形は、もともと眼瞼の治療に使われてきた方法です。注射に含まれた成分でアセチルコリンの分泌を阻害し、一時的に筋肉をマヒさせる効果が期待できます。それにより筋肉の動きを抑え注射した部分を細くする効果が得られるため、ボトックスは小顔の整形にも使われるようになりました。そんな風に他の病気の治療薬として使われてきた経緯があるため、このボトックスを使った小顔の整形方法は比較的安全に施術できるといえます。とはいえ整形である以上、まったくノーリスクというわけではありません。施術を受けるからにはそれなりに気を付けなければいけない事もあるので、事前にしっかり確認してから行うようにしましょう。ちなみにボトックス注射による小顔の整形手術では、アレルギー反応や感染症などを除いて深刻な副作用は今のところほとんどないようです。その点は施術を受けるうえで安心できる材料となるでしょう。気になるダウンタイムの症状も、それほど長引いたり目立ったりするような物はないと考えてかまいません。ただ注射をするため、その部分が赤くなったり内出血したりする症状がみられるのでその程度は覚悟しておくべきです。またボトックスによる小顔整形は、注射による痛みがあるのも避けられません。もし患者側が注射の傷みにたえられないというような問題がおこりそうなら、前もって担当医師に相談しておくといいでしょう。病院では同じような事例に対処した経験があるはずなので、きっといい解決法を提案してくれるはずです。それ以外にも治療に関わる事は遠慮なく病院の方に相談しておきましょう。他にもボトックス注射による小顔の整形では、施術後にすぐに効果が現れるわけではありません。施術の効果が表れるには体質や状況によって変わりますが、だいたい三日から七日くらい様子をみる必要があります。それゆえ、その期間はできるだけ焦らずゆっくり様子をみるようにしましょう。そうして待っている間に、徐々にボトックス注射による小顔の整形は効果をあらわしてくれるはずです。なおボトックス注射を使った小顔の施術は、効果が永久に続くわけではありません。せいぜい四カ月ほどしか効果が続かないので、その期間を過ぎたらまた改めて施術を受け直さなくてはいけなくなります。それに加えてボトックス注射の小顔整形は、妊娠中やアレルギー体質の方など一部施術が受けられません。そんな理由からも、施術を受ける際は自分の健康状態や病気の有無など隠さずに担当医師に伝えておきましょう。そうしてこそ初めて安全にボトックスによる小顔整形手術が受けられます。その点は自分の身を守るためにも、忘れずに申告するようにしましょう。

Go to Top