理想に違い小顔を手に入れよう|ボトックス注射がイチオシ

選択肢は一つじゃない

女の人

注射で改善できる可能性も

顔の大きさにコンプレックスを持っている女性は大勢らっしゃいますが、美容外科で施術を受けることで改善が可能です。美容外科の小顔施術では、アゴの脂肪吸引や各箇所の骨削りなどが代表的な治療として挙げられます。アゴの脂肪吸引は、脂肪が付いているせいで顔が大きくなってしまっている方に最適な治療方法です。吸引に使用するカニューレはとても細いものが用いられるため、輪郭を細やかにデザイン形成しながらシャープにすることができます。カニューレが細ければメスを入れる幅も小さくて済みますし、目立たない箇所を切開するため傷跡も気になりません。骨削りでは、アゴや頬、エラなどにアプローチして輪郭を整えていくことになります。骨を削るため非常に高度な技術が必要とされますが、実績豊富で信頼できる美容外科を利用すれば何も心配することはありません。カウンセリングの中で手術によるリスクなども明確に説明してもらえるので、納得した上で臨むことができます。正確な手術で的確な分量を削り、バランスの取れた小顔にしてくれることでしょう。これらの小顔施術は美容外科で頻繁に行われており、骨削りなら半永久的に顔を小さくすることが可能です。ただどうしても大掛かりな手術になってしまいますし、患部が落ち着くまでには一定の期間が必要になります。もちろん非常に高い効果が期待できる有効な治療法なのですが、お仕事で時間を作れない方や肌を切ることに抵抗を感じる方は、なかなか選択しにくいのも事実でしょう。しかし、こういった方法以外にも小顔施術は存在しており、格段に手軽な方法で顔を小さくすることも可能となっています。それは、特にエラが張っている方に向いている治療法で、ボトックス注射を用いて行われます。今ではボトックス注射は多くの方に認知されている治療法で、特にシワ取り施術で有名ですが、小顔施術に用いることも可能です。ボトックスは筋肉を縮小させる作用があるので、エラの筋肉が発達して顔が大きくなっていしまっている方に最適の治療法となります。エラに打てば咬筋の活動が弱まり、徐々に筋肉がしぼんでいきます。台形型だった輪郭は少しずつシャープになっていき、その分顔の面積も小さくなります。エラ張りのために顔の輪郭が大きく見えている場合は、ボトックス注射で改善可能な場合があるので是非美容外科に相談してみましょう。咬筋がしぼみきるまでには3週間程の期間が必要になりますが、効果の表れに時間を必要とすることはメリットにもなります。少しずつ時間をかけて縮小していくため、誰も整形で形を変えたとは気づかないでしょう。

Go to Top